スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お友達のおうちのにゃんこちゃん「ひらりん」

今週の月曜日、もうすぐ本帰国になるくるみちゃんの出国検疫手続きに付き合せてもらい、その後お友達Hさんのおうちにお邪魔させてもらいました。(ちなみに検疫所、めっちゃ辺鄙なところにあるうえに、係のおじさんも怖くてね。写真撮ろうかと思ったんだけどやめときました)

で、こちらのおうちにはにゃんこの「ひらりん」がいます。
Hさんがシンガポール赴任中、マンション内で捨てられていたとのこと。でも捨てられていたとは思えないほど、キレイなにゃんこちゃん。
IMG_1945_1_1.jpg
ほらね!美しいでしょ?座ってると置物みたいなの。
IMG_1946_2_1.jpg
丸々しててトトロみたいなの

なぜ「ひらりん」(本名ひらたさん)という名前がついたかというと捨てられていたときペターッと地面に体をつけていて平たかったからだそう。笑える理由です
けど、ひらりん、Hさんに拾われてほんとよかったね。幸せそうだもの。

もともと私はひどい猫アレルギーの持ち主。最初は鼻水、目が痒くなって、体も痒くなって、その後ニャンコから離れてもシャワーを浴びないと症状がよくならない。けど、ひらりんの毛(たぶん長毛種の毛)は大丈夫みたい。最初に会ったとき恐る恐るだったんですが、ぜんぜんアレルギーの症状が出なかったので自分でもビックリでした。

しかし、ニャンコって歩く音もしないし、鳴き方も静かだし、ワンコとは違うね。当たり前か・・・

見た目も可愛い「ひらりん」だけど、猫草を豪快に食べるところやご飯をねだる泣き声が堪らなく可愛かったです


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。