スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルカっち、海を渡る 台北→神戸

みなさま、お久しぶりです。

やっとこさ、ネットもつながり現代人らしい生活ができるようになりました。


11月14日金曜日、ルカっち無事に日本にやってまいりました。


081203+002_convert_20081203205746.jpg
家を出る直前に記念撮影


台北のうちを出たのは朝5時。真っ暗な中、桃園国際空港へ向かい、到着後、すぐに検疫所にて書類の確認およびマイクロチップの読み取り。5分もかからず終了。


その後、ノースウェスト航空のカウンターへ。
エアチケットの確認等していただき、ルカの代金(重さに準ずる)と自分たちの荷物の超過料金を別のカウンターで支払。
また、NWのカウンターへ戻り、無事チェックイン。

でね、ラッキーなことにひーさんの席がダブルブッキングってことで私たち全員、ビジネスクラスに乗ることができたのです。

時間には余裕を持っていたはずなのにここまでの処理で結構時間がかかりました。


最後に免税店も見たかったけど、ほとんど見ることができず化粧品のみ購入して、搭乗口へ急いで向かいました。


ビジネスクラス、快適でした。
前の座席下も広くて余裕を持ってルカの入ったキャリーバッグを収納できました。


で、飛行機が飛び立ちました。
もうこれで台湾も最後。。。。

ゆっくり窓から台湾を眺めたかったけど、ルカっちがブルブル震えてたので、ずーっと「大丈夫、大丈夫」って声掛けてた。

空の上にいったら、少し落ち着いたようだけど、寝てはいなかったと思います。

フライト時間は2時間半ほどだったけど2時間くらいで「くーん、くーん」言いだして。。。。


仕方なくバッグごとですが膝の上に乗せてました。


と、せっかくビジネスクラスに乗ったのに、ゆっくりすることもできず、ずーっとルカを心配してのフライトでした。まー、もともと快適な空の旅にしようなんて思ってもいなかったのでいいんだけど。


で、無事に関西国際空港に到着。

関空の検疫もスムースに手続きを終え、空港の外へ。
081203+003_convert_20081203205854.jpg
おしっこも済ませ、すっきり。ここはどこ???

バッグから出して日本での初シッコ。
緊張してできないかと思ってたけど、ぜんぜん大丈夫。

ボーロも一個あげてみたら食べたし、空気の匂いとか違ってるはずなのに、そんなことには全然気付かなかったようです。よかった!


で、おうちに到着。

はじめてのおうち、そして、ルカのお家も新しい。

最初はかなり戸惑っていましたが、一晩寝てしまえばもう前の家には戻らないでここに住むんだと認識したみたい。

台湾で一回引っ越ししていたのがよかったのかもしれません。


家には足りないものばかりってわけで初日からキャリーバッグの中に入れて出歩きました。
慣れてない家にひとりで置いておくことはできないのでね。。。


初日からのそんなスパルタが効いたのか、日本にはかなり速いスピードで適応。

道路もきれいだし、空気もきれいだし、ルカの大好きな日の光が入るお家だし、歩いていれば「かわいい、かわいい」言われるしってことで、前からここに住んでますと言わんばかりにチャッカリと日本のワンコになってます。
081203+013_convert_20081203210007.jpg
CANDY☆DOGの新作を着てお出かけだよ♪


神戸にはおしゃべりするお友達もいないし、毎日ルカとおしゃべりしたりおもちゃで遊んだり。

暖かい昼間にはお散歩に行き、フラフラと家の周りを歩き回ってます。


まだ神戸での生活は2週間ほどですが、嬉しい出会いでボステリちゃんに会ったり、海のほうへ行ったりとなかなか充実してます。またゆっくりアップしていきたいな。


そんなわけで、日本で元気に生活しております。


いろいろご心配していただいた皆様ありがとうございました。



これからもヨロシクね~ふるーつ☆Cultivation・キラキラ星
スポンサーサイト

ルカの手続きも最終段階です

ルカのおなかも落ち着き、毎日元気に過ごしております。

離れているとまた嘔吐したり、精神的なものでまた体調を壊さないかと心配でこのところはほとんど一緒に外出してたからかかなりの甘えん坊になってますが。

で、ルカの出国の手続きも終盤を迎えます。


先週7日に病院にて書類を作成してもらいました。

日本の動物検疫で推奨されているFORM -A、B1/2,B2/2がありますが、Aは飼い主が記入、B1/2は動物病院、B2/2は台湾の動物検疫が記入。

病院ではB1/2と、他には健康証明書を作成してもらいました。
健康証明書は台湾側の贓物検疫で必要なものです。


それらをもって昨日10日に台北の検疫所に輸出許可をいただきに行ってきました。

持って行ったもの
○FORM-A,B1/2,B2/2
○健康証明書
○日本の検疫から頂いた受理書
○パスポート
○エアチケット
○念のため、今までした狂犬病予防接種とワクチンの証明書類

検疫所では職員の方の指示を受けながら一枚書類に記入します。

持って行った書類等確認。OKならFORM-A,B1/2,B2/2,健康証明書に職員の方がサインと押印を押してくれます。
そのほかに検疫証明書を発行してくれます(オリジナルとコピーの2枚。どちらにもサインと押印をしてくれます

この手続きの際に、一個問題が、今回すべて私の名で申請しているのですが、病院で発行してもらった健康証明書に記入してある名前が夫の名になっていて。それではダメなので、病院に行って訂正印をもらい、私の名前を手書きで書いてまた検疫所に戻りました。

でも、この問題のみであとはOK。

一番心配だった、ルカの手続きが一応ひと段落。

一応、今日本の検疫所にFAXを送って書類に問題がないか確認してもらってます。

あとは事前に桃園空港の検疫所に何日の何時に行くかを電話連絡します。(第一空港:03-3982264/第2空港:03-3983373)
日本の検疫にも何日の何便で行くかの最終連絡が必要です。


今回書類を作る上で分からなかった点が書いておきます。
○「B1/2の2.その他参考となる予防・駆除に関する情報」部分
最終ワクチンを打った情報は書いてもらいましたが、外部寄生虫駆除、内部寄生虫駆除欄の記入はしてもらいませんでした。
この欄は推奨とのことなので台北から直接日本に入る場合は必要ないそう。でも、関空で聞いたとき、私みたいに帰国でなく旅行なので一時帰国とかの場合には必要って言うなこと言ってたと思います。
○B2/2のコンテナ番号を記入する部分。
乗り換えなく直接台北→日本の場合は無記入でOK


今まで帰国したお友達の手続きの仕方を参考にして、何度も日本の検疫のかたに電話で質問して不備のないようやってきましたが、あとは帰国当日を待つのみです。


ルカの体調も問題なく、帰国当日が迎えられますように

変更届提出

081024+037_convert_20081026230521.jpg
お友達と一緒にお茶しているときちょっと遊んで頭にリボンのっけてみた。
やっぱりカメラ嫌いのルカ。
目を細めてめちゃくちゃ機嫌が悪そうです。。。。



今日は関空の検疫所に変更届をFAXしました。

無事日本のお家も決まったので、届出書の荷受人欄を追加で記入。

まだ何の返事もこないけど、きっと大丈夫だよね。。。。


ところで、私、日本の検疫のHPはよーく読んでたけど、こっちの検疫のほうは読んでなかった。

すでに帰国したお友達のブログで手続きのし忘れないよな、、、と確認していたら、健康診断書も持って検疫に行くって書いてあって。


Form-B以外にもいるのか!と今になって知りました。

とにかく動物病院の先生に確認して必要なら用意してもらわないと!


やばいやばい・・・・



なんだか引っ越し作業のテンションがまったく上がらないけど、ルカのことはちゃんとしないと!!!!


NEWバッグお気に入り☆

前回、NWにルカを客席持ち込みする申請をしたと書きましたが、申請した翌朝に確認したらOKの答えを頂けました。

これで、無事飛行機に乗れるわけ。

あとは太らせないように気をつけないとっ。

ルカっちの場合、規定内ぎりぎりの重さなので!現在バッグ込みで6.6kg!!

で、バッグですが、超お気に入りのご様子。

081012+001_convert_20081013111437.jpg


家の中でも自分からバッグに入って寝ております。それも高いびきをたてて・・・・


今週、ルカをKITに預けて日本に新居を見に行きます。

すでに引っ越し業者が家に来て見積もりなどしていて、異変に気づいてるルカ。

この微妙な時期に置いていくのは心配なんだけど、日本で過ごす快適な家を選ぶことも大事。

かわいそうだけど我慢してもらうことになります。

この機会にこっちで入れたマイクロチップもちゃんと読めるか確認してくるつもり。

動物病院でルカの体に入ってるものと同じものをお借りしたのです。

2年ほど前に友達のワンコが関空から入っているから大丈夫だとは思うけど、万が一現在そのリーダーがないってこともありうるし・・・・。

係留になるのは絶対絶対避けたいのでね!



犬の機内持ち込み申請

搭乗予定のNWに問い合わせたところ、先にエアーチケットを予約してから、ペットの機内持ち込み申請をする。その際に、予約番号を伝える。

今日は上記の申請をしました。
申請の際には、犬を入れたバッグの大きさと重さを伝えます。

で、今まで使っていたバッグは規定のサイズを超えていましたが、ソフトバッグなのでつぶせば平気かなと思ってました。けど、正直にバッグのサイズを伝え、「つぶせます」と言ったんですが、やはり規定内のサイズのバッグを用意したほうがベストと言われたので急きょ購入。

ペットパラダイスに買いに行って、家に戻り、再度申請、完了しました。
あとは犬を乗せていい席が空いているかの答えが返ってくるのを待つのみ。
と言っても、こちらから電話して確認するんですが。

買ったバッグ。
081001+004_convert_20081001224805.jpg
ミニーちゃん柄。。。。
ダックスサイズなので気になっていた高さの部分も問題なくクリア。

081001+003_convert_20081001224536.jpg
サイズ的には全然合ってません。伏せしてくれれば大丈夫なんだけど。。。

しかし、ミニーちゃん柄、、、不本意です。ルカだって似合ってない。
こういうかわいらしいバッグはちっちゃい子用なんだよねぇ。


とはいえ、無事飛行機の客席に乗って日本に帰ることには変えられないよ。
早くこのバッグがルカのリラックスできる場所になりますように☆



あと、検疫に出した犬の輸入申請の受領書も無事届きました。
今後は、変更があった時点で変更届を出す。


NWからいい返事がもらえれば出国前までは余裕ができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。